偏差値15の底辺高校から東大に現役合格した男のブログ

僕フリーター21歳 童貞 コミュ障 ぼっち 若ハゲ チビ 底辺 派遣

僕ニート21歳格安デリヘルを利用する

一昨日格安デリヘルを利用した

120分11000円

馬鹿に安い

21歳金無しニートにはとてもありがたい設定だった

早速電話した

「AF出来る子がいればその子でいなければ誰でも良い120分コース◯◯ホテル◯◯号」ガチャッ

返事も聞かずに伝えたいこと全て伝え電話を切った

1時間後ようやく嬢が到着

言うほど風俗の経験は無いが今までは扉をノックされて俺が出迎える感じだった

しかし今回やって来た嬢はまるで自分の自宅に帰宅して来たかのようにガチャバターンと突然入ってきた

僕は素人童貞で余り自信が無く変態だからこそデリヘルを利用しているにも関わらず恥じらいもあるため部屋は枕元の明かりしかつけず毎回薄暗くしていた

だがいつもは玄関先で迎え入れる為その時に顔をチェックしている

しかし今回は顔も確認する隙無くそのまま玄関を上がってきた

玄関を上がるとすぐさま部屋の扉をノックしたと同時にドアが空く

「どうぞ」と言う隙すら与えてもらえなかった

扉の半分程だろうか人の影が見える

余りにも小さすぎた為に

やられた安さの原因は片端か

と思ったがよく目をそらすと土下座をしていた

🙇「こんばんわ◯◯のA子です本日はご指名頂きありがとうございます」

部屋に勝手に上がって来れるのも初めてだったが部屋の前で土下座して挨拶されるのもまた初めてだった

顔すら確認できず進んでいく物事にパニクっていた俺は取り敢えず愛想良く作り笑顔全快で「あ、どうも~こんばんわー」とだけ言った

するとA子は突然顔をあげ「私、変ですか?なぜ笑っているのですか?」と聞かれた

これもまた初めてだった

普通に愛想良く迎えいれているのに何を勘違いしているんだ変な奴だと思った

実際この嬢がすごく変な奴だった

取り敢えず適当に否定して部屋に招き入れた

ソファーに腰をかけ顔を確認する

割と小綺麗な顔をしていた

そして突然ボソボソと「あのぉ私飲み物持って来ました…」と言われた

(あ、そうなんだふーん…)としか内心思わなかったが僕の前に2本のお~いお茶が置かれた

なんと僕の分を買ってきていたのだ

驚いた

今まで4~5回デリヘルを利用したがこんな事初めてだった

変わった奴だなと思った

そして適当な自己紹介が終わると「イケメンですね」だの「こんなに格好良い人初めて」だのお世辞が始まった

自分でも顔は悪くないとは思うが余りにも褒めまくるので変な気持ち悪さを感じた

湯船にお湯を溜めている間もソファーに座り会話した

相手も何か根暗っぽいと言うか何かやけにボソボソ喋るから日本人じゃないのか精神病ぽかった

対する僕もコミュ障なのであまり盛り上がらない

コミュ障は質問には答えられるが自分から質問することが出来ないと聞いた事がある俺は必死で質問を考えた

(そう言えばだいぶ待たされたなぁ…そうだ)

「電話してから1時間経ってからいらっしゃったんですが結構忙しかったのですか?」と質問するとA子は「そんなに待ったんですか!?すみません!あ、じゃあ私が今回のホテル代とプレイ料金払いますよ!」と言い出した

もう完全に悟ったこいつマジモンのキチガイ

笑えなかった

と言うか笑わせにはきてない

マジのトーンだった

流石に怖くなって会話する気が無くなったと言うか頭の中で考える事が多すぎて会話どころじゃなかった

するとちょうど湯船にお湯がたまった音がなった

A子「じゃあお風呂入りましょっか…」

取り敢えず二人とも脱いだ

そして僕は普通にフル勃起してた

顔は痩せてる割に体型はぶよぶよしてた

ただお尻がとても綺麗でたまらなかった

勃起したまま余り会話もせず無事シャワーを浴び終えると先に出て煙草を吹かした 

A子が出て来てベットに腰を下ろして二人ならんで座った

ビンビンに立ってたが恥じらいはなかった

A子は何故だかテレビや室内のBGM換気扇音が出るもの全てを消して良いか聞いてきた

本当は緊張するからテレビや室内BGMは絶対につけとくのだが緊張すらしない変な女だったので何か気持ちが悪いし勝手にどうぞってな感じだった

そして全部消された

雰囲気も何もないただ静かな部屋のベットに横になり乳首を舐めてもらった

普通に良かった

そして顔近づけてきてディープキスが始まった

これは普通に嫌だったため舌は出さなかった

そしてフェラ

全然奥まで加えず先っぽだけ舐めておりそのうちちんぽこも萎えた

普通に0点のフェラチオだった

そして今度は足の指を舐め始めた

普通にAFに移りたかったが自信が無い俺は取り敢えず受け身

次にアナルを舐めてもらった

初めてだったが普通に良かった

そしてまたフェラ

大して気持ちよくないのに長かった

ちんこも萎え萎えになり少し休憩を取らせてもらった

水分取って煙草吸った

普通の子だったら絶対にこんな時間作らないし万が一作ってしまっても会話して何とか盛り上げたが特に会話もする気無く無言でだらだらと煙草を吸った

するとA子の方から話しかけてきた

「あまり気持ちよくなかったですか?…私あまり経験無くて…」

なんか可哀想になったので「童貞なんで緊張して萎えちゃったんです」と言っておいた

そして仕方ないので再開

何とか目を瞑って橋本環奈ちゃんにフェラされてると思いフル勃起した

そしてお互いに「じゃあやりますか…」みたいな微妙な空気になったので体を起こした

A子が股を開く

そして気がついた

AFするならアナル解さなきゃ

「あの…アナル解さなくて大丈夫ですか?」

A子「前で良いですよ…」

「え?前って?」

A子「お尻じゃなくてまんこにいれて良いですよ…やった事ないんですもんね?…」

キチガイだった

本当は素人童貞だけど断る理由もないのでやらせてもらった

なんか根暗そうだし会話もろくに出来ないくらいボソボソ喋る割に結構喘いでた

安めぐみをイメージしてバッグで激しく突くとものの数分で射精してしまった

気持ち良かった

そして早く帰ってほしい気持ちが強くなった

射精してからも会話する事無く煙草を吸った

数分経った頃にまたもやA子から話しかけてきた

A子「私みたいな人タイプですか?」

なんかボソボソじゃなく普通に喋り始めた

そして恐ろしい事を聞いてくる

「うーんまぁ熟女も悪くないと思いますよ」

適当に返した

A子「私独身なんですよ」

いや、知らんがな!wほんっと怖かった

「へーもったいないですね」

適当に返した

A子「付き合います?」

冗談なのか本気なのか全くわからないトーンで聞いてくる

「彼女いますw(いない)」

A子「…」

本気だったのか知らんが無言になった

この時本当に殺されるかと思った

また数分無言が続いた

またもやA子が話しかけてきてマッサージしてくれる事になった

ベッドに横たわりマッサージを受けた

数分したところで肩揉みを始めた

若い割にこってると言うので結構力仕事するんでねと嘘ついた

すると再び口を開き怖いことを言い始めた

A子「じゃあ私がお仕事手伝いましょうか?私、意外と力あります!」

「何言ってるんですかーw」と適当にあしらった

そしてまた無言になった

気持ち悪かったが人生2度目のまんこは気持ちよかった

ちなみに一度目のまんこは駅前の5千円で入った変なマッサージ店

友達が怪しいし本番ありそうだわと言って呼び込みの人に金が無いことを伝えたらカタコトでゴセンエンデイイヨーと言われ入店した

もちろん出稼ぎ労働のフィリピンBBAだった

話は戻って格安デリヘルのサイトを見たときに時間内射精無制限と書いてあったのを思いだし糞下手な長いフェラとマッサージのせいで残り時間が30分くらいになった所で慌ててマッサージを中断させる為に喉の渇きを訴え飲みを飲んだ

向こうも悟ったのか「2回目やります?」と聞いてきたので息子と共に「お願いします」と頭を下げた

常にフル勃起だったがフェラから始まった

気持ち悪い奴だったがほぼ童貞の為興奮していた

そしてこの女だとコミュ障っぽいし気持ち悪かったり見下してもいたから緊張しなかったので自分から責めてみた

まんこに指いれたり舐めたりの責め方はもちろん構造すら知らないので普段は絶対出来ないが69をすることにした

綺麗なパイパンでエロかった

少し酸味があった

ぬるぬるしていた

男女問わずに大好きなアナルが目の前にきて興奮した

萎えないようにそのまま2回目の本番にいこうとしたところ向こうから「あの、飲み物のみませんか?」と聞かれ飲み物を飲むことに

なんとなく時間をみると残り3分しかなかった

エロかったが気持ち悪いしまぁ良いやと思い相手は気づいていないようだったが正直に時間ですよと伝えた

「じゃあ30分延長しときますね!」と言われた

なんだかんだすごく興奮したしいい経験になったと思ったけどやはり気持ち悪いので断った

「あ、お金ですか!?無料で良いです!サービスです」

お金にならないのに正気かこの女は!?!?と思ったが断る理由も無いので受け入れた

スマホのタイマーを止めて店にも延長ですと電話していたが最後まで延長料金は取られなかった

2回目も無事に射精しシャワーを浴びた

温くなった湯船に浸かりまた少し話した

「趣味とかありますか?」

A子「あ、あなたとセックスする事…」

「え、あーアハハハ…(きもい)」

慌てて湯船を出て着替えてトイレに閉じこもった

後から着替えを済ましたA子が「大丈夫ですか?」とトイレをノックしてきたので即行トイレから出て「あの、これホテル代です」とA子から差し出された気持ち悪いお金を受け取らずホテルの料金を払い握手して帰った

サービスとして考えればすごく良かったが不通に気持ち悪かった

終わり