出勤してかれこれ5時間半休憩室で休んでいる

機械トラブルで出勤してかれこれ6時間休憩室で休んでいる
俺最近思う事がある

"橋本環奈ちゃんのうんち食べたい💩"

この気持ちわかる?
f:id:NEeeT:20170511014310j:image
橋本環奈ちゃん俺の事雇ってくれないかなぁ
うんちした後の肛門をペロペロ舐めて隅々まで綺麗に掃除する清掃員として
ウォシュレット
便利だよね
でも舌でペロペロ舐めた方が綺麗に取れるだろうし何より肛門に優しいと思う
聞いて聞いて
俺彼女欲しい
孤独から脱出したい
パラシュート背負って孤独からダイブしておっぱい山脈に着陸するんだ
お尻山脈でも良い
友達はいらない
友達は毒リンゴ
僕ね唯一の友達に言ってやった
もう遊べないって
お金なくなっちゃうって
悲しかった
本当に独りきり
悔しくもあった
あんな奴と縁切って悲しいと思ってしまう自分がただ情けなかった
でもやっぱり悲しい
僕にとっては自分よりも大切な友達だもの
でもこれで良かった
いつか彼女のおっぱいに抱かれながらそう思える日が来ると願いたい
 僕彼女が出来たら真っ先に煙草やめる
そして彼女のおっぱいに移行するんだ
ニコチン・タール0
健康だね
価格はプライスレス
喫乳所はベッドのみ
外で吸ったら周りの人に迷惑がかかるからね
煙草より厳しいよね
ずっと独りでいると寂しい
心がすり減っていく 
そのうち寂しいとすら思わなくなってしまいそう
どこかに心売ってないかな
怖いから心おろしにしてポン酢ぶっかけて流し込みたい
満たされるんだろうなぁ
でもそんな有り得ない物を想像するならいっその事橋本環奈ちゃんのうんちを数量限定で抽選販売してほしい
毎日店頭に行って並ぶ
皆番号がかかれたカードを貰って電光掲示板とにらめっこ
[2064555]
うっしゃ!当たり
目の前に橋本環奈ちゃんが来て「おめでとうございます!出来たてホカホカです!今日は運がありますね!私のうんち食べてもっと運をつけてくださいね!」なんて言ってうんちを詰めた箱を手渡ししてくれるんだ
楽しみ方は自由 
オーソドックスに食べても良しインテリアとして飾っても良し嗅いでも良し塗りたくっても良し宝物として大事に冷凍庫に閉まっておくそれもまた良し
でも僕は浣腸器具に橋本環奈ちゃんのうんちを詰めてセルフ浣腸して僕の中で橋本環奈ちゃんを育てたいな
それも悪くはないよね?
むしろ良いなんて思ってたりして
しかしさ恐竜っているじゃん
あんなのが存在したって考えられないよね
現代で実在する大きい生き物ってキリンとか象とかジャイアント白田とかその程度じゃん
あ、クジラも大きいね
だけどさ白亜紀なんてもっと大きいな生き物が地球を走り回っていたんだよ
すごいよね
想像すると壮大過ぎて頭がパンクしそう
しかも火山が噴火して絶滅ってどう言う事なんだって感じ
色々考えたりもするがすごいとしか言葉が出てこない
でも全部研究者の憶測なんだけどね
白亜紀の生き証人なんていないからね
本当は今より発展していたかもしれなかったり
今もこうしている間に世界がリセットされてまた微生物状態からスタートされたりして
でも僕宇宙人だけは絶対いると思うんだ
宇宙は無限大∞だからね
発見されていないだけで色んな生き物がいると思う
僕達の人間の事を宇宙人と言っている世界が存在するんだろうね
てか宇宙って本当に無限大∞なのかな
実は壁があったりしてな
実は実はこの世界は人型巨大生物の作り物だったり
ある日空が真っ二つに割れる
そして割れ目からは大きな2つの目玉が僕たちを見下ろすんだ
次第に割れ目が広がっていきそのうちパカッと蓋のように取れてしまう 
そして巨大な顔が僕たち人間を覗き込む
「♈♉♐♋♊♌♍♑♏♎⛎♓♒(この箱の微生物は良く育っているぞ)」
とてつもなく大きな声が世界中に響き渡る
絶望だ
世界中パニック 
奴らには核ミサイルなんて効きはしない
皆腰が抜けたように地べたに座り込む 
地球最後の日だ
総理大臣?
くだらないね
そんなのやっていられないよ
僕らは皆人型巨大生物の支配下に置かれているのだから
皆が仕事を投げ出す
泥棒が入った?
そんなの放っておけ
僕らはもう終わりなんだ 
僕らは計画的に作られた生き物だったんだよ
そう開き直る八百屋の親父
相変わらずぼけーっとしている認知症のおじいちゃん
お父さんお茶が入りましたよ
微笑みながらおじいちゃんに温かいお茶を差し出すおばあちゃん
介護に疲れ果てていたおばあちゃんも今日だけは昔のように優しげな表情をしている
瞬間とても眩しい光に包まれる
目を瞑っていてもとても眩しい
駄目だ
僕らは心の中で悟る 
そしてリセットされた
我ながら中々SFチックな想像出来てるんじゃないのこれ
こんな事書いてる間に出勤してから7時間も経ったよ
座っている事に疲れるって久々
僕今日なんもしてないわ
こんなんで金貰って良いんかな
これじゃ金はやれないから帰って良いぞって言ってくれたらありがたく帰るのになぁ
しかし眠い
夜勤って人間がやる事じゃないと最近つくづく思う
夜勤終わって朝車運転していると眠すぎて身体がゾクゾクするんだよね
脳ミソが早く休ませてくれって言ってるのがわかるの
こんな状態で車運転していると怖くて怖くて
信号待ちやノロマの後ろについて運転していると突然ハッとするんだよね 
それも居眠りしていた訳じゃないのに
思考回路が完全に停止しているの
身体はハンドルきったりアクセルやブレーキ踏んだり動いているのに思考は完全に逝ってるの
眠い時は車を止めて少し仮眠をしなきゃ駄目なんだけどさそう言う訳にもいかないのよ 
最終日だったら良いけど次の日も夜勤なのに仮眠取って帰宅してから眠れなくなったら悪循環だからね 
かと言って居眠り運転なんかして他人を傷つけてしまったら取り返しのつかない事になるし
夜勤って絶対に人間がやる事じゃないよ
夜勤と言うかあれだね 
2交代3交代の交代勤務
夜勤一本とかだったら慣れるけど昼夜週交代は危険だね 
はいじゃあ今週は昼勤だったから来週からは昼間睡眠とって夜に仕事来てねって無理があるよ
かなり不健康だし
まぁ嫌なら辞めろって話だが
でもそうじゃ駄目なんだ
誰かが気付いて見直さなきゃ
眠くて震えるよ
今は一時間休憩に入ったから皆仮眠しているのだが僕は神経質だから機械の音がうるさくてすごく眠いはずなのに眠れない
でもなんだかんだ夜勤は好きなんだよね
偉い人が誰一人いないし自由度高いよ
煙草も吸いたい放題だし設備さえ回しちゃえば回っている間はずっと休憩室に閉じこもっていられるし
何より深夜手当てだね
夜勤はとても気楽なのに時給が良くて最高だよ
でも出来るならニート時代に戻りたい
あの自堕落な生活をもう一度したい
もう一度と言うかずっとしていたい
いよいよ末期になったらごめんなさいって自殺するんだ
言い方悪いけどそんなのクズ野郎
でも幸せ 
復帰しようと頑張っているニートの人達は別だよ本当に 
僕はコネ使って派遣やらせて貰っているフリーターだから就活しているニートって尊敬する
あ、今ふと思ったんだけどうちの飼い猫から見れば僕なんて相当デカい怪物なんだろうね
さらに思ってしまったんだけれど海ってヤバいよね
地球の7割が海なんだよ
ヤバいでしょ
海って深いし範囲広いしどこかにとてつもなく巨大な生物が潜んでいるんじゃないかな?
現にクジラや巨大イカや巨大クラゲなどいるしね
怖い怖い
なんか海×大きい生き物って怖いよね
 海だけでも怖い
けど沖縄とかの透き通っていて海底が見える所はそんなに怖くない
そう言えば高校の修学旅行で沖縄行ったのだけれどもとても辛かったな
中学の頃の部活仲間だった奴2人が同じ高校同じクラスにいたから班決めで余り者にはならなかったのだけれど中学の部活仲間だった奴は高校でも卓球続けてたけど僕は美術部の幽霊部員だったのよ
だから学年でひめゆりの塔だとか首里城だとか3泊4日で主に戦争関連の施設を中心に色んな所を観光したのだけれどさ
あー言う時ってちょっとした間が出来るじゃん
たとえば他のクラスより気持ち早く到着してしまって他のクラス待っている時間とかさ整列する流れなのにずっとペチャクチャしてて先生集団も気が緩んでるのか注意しなかったりする時とかさトイレ休憩とかさ
そう言う時ってクラス関係なく仲良しグループや部活グループでちょっと集まって喋り始めるんだよね
僕は中学の部活仲間位しか喋れる奴いなかったのに2人共ね行くんだよね卓球部グループの所に
だから僕ずっと立ち尽くしていたよ
ポケーっとただ立ち尽くしていたね
あとホテル
ホテルの班もやっぱり2人と一緒になれたのにちょっと他の部屋遊び行ってくるわーってなって残された俺一人だけ部屋でテレビ見ててさ
でその中学の部活仲間の一人が山本つってすげー明るくて友達も多くてさ僕が一人でいる部屋に突然ガチャって「山本遊ぼうぜー」とか馬鹿が沢山訪ねてくんだよ
あれ絶対にぼっちで部屋にいた僕に内心でドン引きしてたよな
一番辛かったのがそのまま夕食の時間になってさ2人共他の部屋遊び行っててそのまま夕食会場に向かったのだけれど当然一人だけ部屋にいた俺はそんなの知らなくて旅のしおり何となく見てたら夕食の時間だったけど2人共まさか俺を置いてけぼりにするとは思ってもなかったから部屋で待ってたのだけれど中々来ないのよ
で考えたら扉の向こうからワイワイ聞こえてたのにやけに静まり返ってんの
その時悟ったね
あ、やったわ
これやったわ
そう思っていた時に当時既に時代遅れだったガラケーが光るのよ

 

From:山本
どうした?笑
皆食堂にそろってる👍
克憲待ちっぽい😣
早く来た方が良いぞー

 

この食堂までの道のりが永遠に続けば良いのに
そう思いながら一人で夕食の会場に向かってさ馬鹿みたいに静まり返っている食堂の扉開けたら今思い返しても焦るんだが学年全員一斉に僕の方振り返ってさ
山本と中川も苦笑いてしてて
そしたら学年主任(って言うのかな?)の馬鹿が全員の前で怒鳴って10分くらい説教垂れてさただでさえ空気悪かったのにもう食事始まっても静まり返っちゃって辛かったね
 
今は笑える思い出になったけどね 
虚しすぎて他人には言えないが
あの時の自分を抱き締めてやりたいね
え、俺21歳になってやっと働きだしたのかよって驚かれたりしてな

 

機械トラブル直ったみたいだ
さ、仕事仕事
出勤して8時間休憩室で休んでるって周りから見れば糞だな
でも仕方ないわかって欲しい…
あと4時間だ
頑張ろう